月別アーカイブ: 2014年4月

渋峠の雪の回廊(2014) @国道292号(志賀草津道路)

== 追記 ==
2015/04/25 今年も絶景の雪の壁:軽井沢~草津~渋峠~長野(志賀草津道路)

== 追記終わり ==

日本の国道最高地点の渋峠に雪の回廊(壁)を見に今年も行ってきました。国道292号(志賀草津道路)は、4/25(金)に冬期閉鎖から開通したばかり、最初の休みの4/26(土)に向かいました。雪の回廊がどんどん溶けて低くなってしまうのでできるだけ早く見に行きたくて、行かれる日(そして晴れている日)を調整していました。

コース:安中榛名駅→吾妻渓谷→草津→(志賀草津道路)→渋峠(国道最高標高地点)→草津→群馬大津駅

20140426_map

20140426_map1

ルートラボ:http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=0079ae3b6e98b0944f36b7a25a542733
距離:116km
獲得標高:1918m

今回も新幹線で安中榛名駅まで輪行し、草津・渋峠を目指しました。今までは二度上峠を越えるか、碓氷峠→峰の茶屋越えをしていましたが、どうにも前日の帰宅が遅くて寝不足でしたので、起伏の少ない吾妻渓谷経由で草津へアプローチ。草津の湯畑で温泉饅頭(ちちや)を食べながら足湯で休憩。その後渋峠に向けて志賀草津道路を上りました。しかし、冬場のトレーニング不足&寝不足で獲得標高が2000m弱なのに結構疲れました。帰りは長野新幹線駅まで戻れば早く帰宅できるのに疲れが溜まっていたので群馬大津駅まで。吾妻線が遅くて高崎駅にでるまでにかなり時間がかかりました。やはり、気合いを入れて軽井沢なり、安中榛名までもどらないと帰宅が遅くなりますね。さて、絶景の写真を淡々と貼って行きます。クリックすると拡大。Canon EOS M(ver1) + EF-M 11-22mmです。小さくてよく写るカメラです。

20140426_annnaka1
安中榛名→草津までの間はあまり写真を撮らなかったのですが、まさに渓谷という感じで綺麗です。吾妻渓谷は紅葉の時期が最高ですね。ちょうど桜が満開の時期で農村の中の桜は人もいなくて綺麗でした。

20140426_kusatsu1
草津の湯畑。今回はTREK Madone(ロードバイク)で来ました。もうこのMadoneも3年を越えています(フレームは所々キズが・・)

20140426_kusatsu2
湯畑のちょっと上にある温泉饅頭`ちちや`さんで饅頭を。

20140426_kusatsu3
家での茶の湯の稽古用にも何個か買いました。二種類の味。リュックに入れていたのですが、家に帰ってきたらぺしゃんこでした・・。

20140426_kusatsu4
湯畑横にある足湯。ここで温泉饅頭を食べながら一休み。草津温泉は毎年日帰りで何度も来ておりますが、この足湯しか入ったことがありません。一度は宿泊したいのですが。

20140426_kusatsu5
湯畑。何となく硫黄の臭いが強かったような。この時は青空が見えつつ、少し霞んでいて上は大丈夫かな?と心配でした。

20140426_shibu0
さて、コンビニで飲み物、エネルギー系を補給し、国道292号(志賀草津道路)を上って行きます。先週行った浄土平(磐梯吾妻スカイライン)ほど勾配はきつくなく、淡々と上がっていく感じ。

20140426_shibu1
登り始めて少しで一気に山の上まで見渡せるように視界が広がります。そしてロープウェーがあり動いています。乗ったことはないですがこれに乗ればかなり上まで行かれますね。
このロープウェーがまっすぐ登っていくのに対して、自転車(自動車)で登ってく道は山に沿ってクネクネ上って行きます。絶景です。

20140426_shibu2
少し上って行くと火山ガスが噴き出しているエリアがあり、看板には`車から降りない様に`という注意書きが。自転車なので空気は吸いまくりなので関係なく。
しかし、今回は放送で`ある一定のガスレベルを超えたので、直ぐに避難してください`というアナウンスが(笑)確かにいままで来た中で一番臭く、少しまずいかなと思いながらさっと通過。マスク一枚くらい持っていったほうが良いかもしれませんね。(下る際にも冷気を喉に直接入れないためにも)

20140426_shibu3
絶景です。どんどん上って行きます。ロープウェーも見えますかね?ロープウェーはまっすぐ上って行きますが、道路はクネクネと。
あまりに風景が綺麗でテンションはあがります。

20140426_shibu3_5
矢印のところをクネクネ上がって行きます。この辺りは本当に絶景で気持ち良いです。

20140426_shibu4
2つ前の写真を上がったところから逆に見た写真。

20140426_shibu5
更に上がっていくと、森林限界に近づいてきて、木も背が低くなり、植物もこんな感じになってきます。遙か遠くに綺麗な雪山群が。

20140426_shibu6
この雪もどんどん解けてしまいます。開通直後(GWの内に)来るのがオススメです。

20140426_shibu7
すごく微妙な写真ですが、矢印の先(丘の向こう)に草津の町が見えています。草津の町が遙か向うに見えるのも上がってきたという実感が沸いてきます。

20140426_shibu8
雪の壁や渋峠の頂上(最高標高地点)の少し前に草津白根レストハウスという場所があります。大きな駐車場やレストランなどがあり、白根山はここから徒歩で登れます。食料・水分などはここで補給ですね。近くに小さい沼があるのですが見事に凍っていました。
目的はここではないので、水だけ補給して直ぐに登り再開。

20140426_shibu9
雪の回廊(壁)の少し前あたり。写真左奥からくる道が、草津白根レストハウスから登ってきた道(国道292号)。画面中央に合流していることがわかるかと思いますが、この道は万座温泉の方から登ってくる県道466号です。私は走ったことがないのですが、この466号も写真の通りクネクネで登るには面白そうです。

20140426_shibu10
2番あたりが雪の壁の場所。実は距離にして100~200mくらいしかありません。ここだけ地形の関係で雪の壁ができるという仕組みです。
3番の山の向こう側が最高標高地点(渋峠頂上)になります。1番は、志賀高原(長野側)から上がってくる道です。この辺はかなり綺麗な場所です。

さて、雪の壁の直前。少し広がった地域があり、車が何台も停まっていました。どうやら雪の壁までこのあたりで車を止めて歩いて登っているようでした。たしかに壁の間は狭いのと車も自転車も(写真を撮る観光客も)多いので、雪の壁の下・上にそれぞれ駐車場ができている感じでした。

20140426_snowwall1
* 安全を確認の上道を渡っている時にさっと写真を撮っています。道の真ん中での撮影はよろしくありません。

20140426_snowwall2

20140426_snowwall3

20140426_snowwall4
さて、いつもブログなどで繋がりのあるZeroさんと登っていました。厳密には安中榛名まで一緒に電車で行き、健脚のZeroさんは草津までのアプローチに敢えて二度上峠を越えていきました(私は弱気で吾妻渓谷を淡々と通過)。最後雪の壁で合流しているので私のヘタレっぷりがまずいです。ちゃんとトレーニングしないと。この絶景を知り合いと登ってこられたのはとても楽しいですね。きっとまもなくブログの記事もアップされるかと思います。

2014/04/30追記:Zeroさんが記事をアップされました。是非ご覧くだされ>【I LOVE 群馬!!!雪の白根山~渋峠】フルタイム絶景。雪壁に圧巻。行くべし。

20140426_snowwall5
8m以上あるようでした。

20140426_snowwall6
多くの観光客(上下に車を止めて徒歩で来る人)、自転車、モーターバイク等写真を撮っていました。

20140426_snowwall6_5

20140426_snowwall7
少し上から雪の回廊を見たところ。地形的にこの地点だけ雪が吹きだまりになっていて、そこに高い壁になっているのが分かります。
写真中央奥が白根山です。(つまりそちらから登ってきています)

20140426_snowwall8
先ほどと同じような写真ですが、雪女さんが写っていたので(笑)

20140426_TOS1
さて、日本国道最高地点へ到着。ここも車・モーターバイク・自転車が多くてこの前で写真を撮るのに順番待ち。
そして、今回のツーリングはサングラスを忘れるという致命的なミスをしボカし入り(笑)
後ろに草津の町が見える方向になります。

20140426_TOS2
今回もMadoneは非常に高性能で運動不足の体でもここまで持ち上げてくれました。たった6kgのバイクを身にまとうだけでさっと上がって来れてしまうのが高性能スポーツバイクの魅力です。ママチャリの延長上には`無い`別の乗り物です。

20140426_TOS3
先ほど石碑(?)の横から草津方面を望んでいます。絶景。遙か先に草津の街が見えているのがわかりますでしょうか?
先週の浄土平ほど快晴ではありませんでしたが、ここはいつも曇っており、草津まで見えたこの天気はほぼ満点の天気と言えると思います。
また、この時点でお昼くらいだったので太陽が上がりすぎていたので写真としては晴れていてもなかなか真っ青の空写真にはなりませんね。草津温泉に宿泊して天気の良い日に朝さっと上がっちゃうのが撮影としてはベストだと思います。青空写真は朝日の斜光で撮るのが基本です。

20140426_TOS4
ひとつ前の写真から少し右を向いて白根山方向。スノボーで斜面を滑っている人がいるのがわかりますでしょうか?気持ちよさそうです。下りた後どうするのか分かりません(笑)

さて、温度・気温等に関してですが、草津が20度程度でかなり暖かい日でした。その為、雪の壁・渋峠頂上付近でも氷点下までは落ちず、数度(Garminの読みで7度)程度でした。登坂中は前をがばっと開けて登らないと暑かったですし、雪の壁の写真を撮っている時も寒くはありませんでした。シューズカバーも付けず。一方で、頂上で写真を撮っていたときに風が吹き始め、その時はやはり少し寒く感じました。自転車で登る際にはこれだけ雪がありますので、気温等の読みと、また下るときに体を冷やさない対策を万全にしてくだされ。

今回、渋峠を開通直後に行くことができました。8mを越える雪の壁はやはり圧巻で行く価値がありますね。今まで何度も渋峠を登っていますが、雪が綺麗で最も楽しいライドとなりました。このGWはチャンスだと思います。自転車はもちろん(笑)、モーターバイクでも自動車ドライブでも是非、渋峠や草津や万座温泉や志賀高原あたりに足をお運びくだされ。

留意:言うまでもありませんが、登った分だけ降りる必要があるため、出発前にバイクの精度の良い調整と各部の確認、そして安全運転を。

つべこべ言わずに浄土平(福島県)には行っておけ(2014)

このブログで何度も紹介している福島県の浄土平に、今年も雪の壁を見に行ってきました。
前日の深夜に天気予報を確認し、福島市の天気を確認。午前中~お昼にかけて晴れ間が出ることを確認し新幹線を予約。始発の新幹線で福島駅まで輪行しました。
福島駅に着くと、かなり山からの吹き下ろしの風が強かったのですが山の上の方は晴れていて予想通りの天気にテンションも上がりました。
写真は全てクリックすると拡大。Canon EOS M(ver1) + 11-22mm。小さくてもなかなか良く写る良いカメラです。

コースは、福島駅を出て、浄土平(磐梯吾妻スカイライン:高湯→浄土平→最高標高地点:引き返し)
20140419_jyododaira_map
20140419_jyododaira_map2

ルートラボ:http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=14d24cd207f04d4a54834da979d7545f
距離: 66.1km
獲得標高: 1591m

20140419_jyododaira1
福島市は桜が今満開でした。

20140419_jyododaira2
道は基本的にまっすぐ。写真中央正面の富士山型の山(吾妻小富士)まで自転車で上って行きます。
福島駅(標高約60m)から、磐梯吾妻スカイラインの最高標高点1622mmまで登ります。(自転車用語でそのツーリングの総登坂量を獲得標高と言います)

20140419_jyododaira3
登り始め。高湯温泉までの二箇所の無散水消雪道路区間は14%くらいの傾斜があり中々タフな登り坂です。
さて、写真にあるように雪が少しずつ出てきていて(福島市内は雪はなし)、気温も下がり始めます。道路の横にこのように木があるのを覚えておいてください(その内、森林限界を超えます)

20140419_jyododaira4
どんどん上って行きます。雪も増えてきました。登っているため熱いのですが、上に行くに従って(0度に近づいてきて)かなり気温が下がるので、この時期の格好は気をつける必要がありますね。

20140419_jyododaira5
つばくろの谷という場所があります。そこに綺麗な橋が架かっています。
天気もとても良く、そろそろ森林限界を超えるのでこの辺りからテンションがとても上がります。

20140419_jyododaira6
途中、飛行機がバンバン飛んで行きます。このまま太平洋側に抜けて、成田に行くのでしょうね。綺麗でした。

20140419_jyododaira7
この辺りで標高1400m位ですが、だんだん背の低い草木となり森林限界に近づきます。ここまで来ると気持ちが良すぎてテンションあがりまくり。

20140419_jyododaira8
福島市(登り始めの地点)を見下ろすと、とても遠くまで良く見えました。

20140419_jyododaira9
絶景でした。ここまで青空が綺麗な浄土平は何度も来ている中で一番です。とにかく綺麗でした。

20140419_jyododaira10
絶景。この辺りはテンション最高潮です。あまりに綺麗すぎて最高でした。
風が強く気温も一桁台でかなり寒かったです。

20140419_jyododaira11
吾妻小富士です。最初の方で登る前に見えたのがこの山です。上に歩いて登り、外周を歩けます。


このあたりで撮った1分動画。Full HD。

20140419_jyododaira12
この辺りは火山ガスが噴き出しており、硫黄の臭いがします。車から降りるのは禁止(?)されています。が、自転車なので禁止も何も空気吸いまくりなので。

20140419_jyododaira13
写真でも綺麗ですが、生で是非見て頂きたい景色です。自転車はもちろん、自動車ドライブでも実にオススメの道です。

20140419_jyododaira14
磐梯吾妻スカイラインは、100m毎に標高が道路に記載されています。

20140419_jyododaira15
浄土平直前。登ってきた道を振り返っています。かなり風が強くてこの辺りでは既に極寒でした。


このあたりからの動画。風が強くて何をしゃべっているか聞き取れません(笑)

20140419_jyododaira16
今回は距離も短いし、獲得標高も少ないのでロードバイクで来ても負荷が少ないためMTBで来ました。下りはディスクブレーキなので非常に快適。
ああ、そういえばこのあたりは磐梯朝日国立公園一帯です。これだけ美しければ国立公園なのも納得です。

20140419_jyododaira17
浄土平は、天文台があります。非常に星が綺麗で有名です。いずれ夜来てみたいですね。レストハウスなどで食事がとれます。

浄土平で少し休憩して、もう少し先にある磐梯吾妻スカイラインの最高標高地点まで上がって行きます。

20140419_jyododaira18
磐梯吾妻スカイライン最高標高地点1622m。雪の壁も高く綺麗でした!是非、来られたらここまで上がってきて欲しいです。私はここで引き返しましたが、そのまま進めば土湯などに抜けて行きます。

20140419_jyododaira19
雪の壁。

20140419_jyododaira20
今日の時点で3m程度高さがありました。これからどんどん解けてしまうので、この壁を見るならできるだけ早く行く必要がありますね。

20140419_jyododaira21
ちょうど、地元のデローザ乗り(ローディー)がいらっしゃったので写真を撮って貰いました。
この定規が一番雪が高いところに恣意的においてあります(笑)
ヘルメットを脱いだばかりで髪型が跳ねていますが・・・。

20140419_jyododaira22
東磐梯山。本当に綺麗な青空と雪山です。

20140419_jyododaira23
白樺と雪が綺麗な道を引き返して福島駅に戻りました。

今回、本当に綺麗な青空をバックに美しい浄土平に心から感動しました。毎日自転車に乗っていますが、やはり東京の交通戦争の中で乗るより、こうやって地方の綺麗な場所にどんどん出て行くべきですね。
自転車に限らず、モーターバイクでも、もちろん自動車でも素晴らしい場所なので是非どうぞ。

*補足:
・このブログで紹介していた、高湯温泉の清水ドライブインの自販機が撤去されていました。その為、高湯での水分補給ポイントは、もう少し上がったところの旅館高原荘の自販機が最後になりそうです。(この自販機もまた撤去もあり得ますが)水分確保だけはお気を付けください。
・気温差がありますので、4月に行くのであれば、まだまだ上の方は真冬であることをご留意ください。

2014/04/30:追記:記事後半に豪州のモーターバイク専門雑誌「Road Rider Magazine」でこの磐梯吾妻スカイラインは、世界で最も美しいツーリングロードのTop10に選ばれたそうです。

10151158_627881377304900_1399271074730130202_n