月別アーカイブ: 2013年3月

茶菓子を買いにツーリング:安中榛名→碓氷峠(旧道)→軽井沢→長野原→草津→須賀尾峠→安中榛名

毎日、家で茶の湯の稽古をしているわけですが、毎日の茶菓子確保が大変です(そのおかげで和菓子も詳しくなってきましたが)。今日は草津温泉の本家`ちちや`の温泉饅頭を買いにツーリングに行ってきました。寒い地域なので前日に路面状態を確認し全域ドライであることを確認しました。

ルートラボ:http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=5d0ae4c45b25b5bf95c955f4033bcc5d

20130330_map1

距離:142.9km
獲得標高:3041m

今週は平日が疲労困憊で、始発の新幹線は諦め一本遅い長野新幹線で。9時頃安中榛名駅到着。東京駅からですと1時間くらい。便利です。

20130330_kusatsu1

安中榛名周辺はまだ桜は2~3部咲き。むしろ梅が満開でした。梅といえば、秋間梅林が有名です。上の写真はそのあたりの梅。天気は曇りでした。

20130330_kusatsu2
と思いきや、桜も早い木は綺麗に咲いていました。
東京の桜はあまりに本数が多すぎて不自然。(これも国道の脇なのでそれを狙った物かもしれませんが)地方のぽっと生えているような桜。たとえば神社の脇に一本とか。そういう桜はやっぱり良い物だなぁと。

20130330_kusatsu3
おぎのやで、峠の釜めしを朝ご飯に。碓氷峠(旧道)を上ります。写真はめがね橋。相変わらず良い登りで気持ち良かったです。観光客も実に少なく(というか皆無)

20130330_kusatsu4
碓氷峠登頂。今日は、TREK Madone 6 SSL (2011) + Bontrager Aeolus 7 D3 (チューブラー)で行ってきました。このホイールの登坂性能を確認する上でも。実際、この時点で碓氷峠くらいの緩斜度の登りですと全く問題ないなと実感していました。平坦・下りはこのブログでも散々述べているように異常な良性能。

碓氷峠を越えて、軽井沢を通過し、中軽井沢へ。そこからロマンチック街道(の一部)を通って北軽井沢(長野原)方面に登坂します。いわゆる峰の茶屋のある峠。

20130330_kusatsu5
この頃は晴れてきて写真の通り、浅間山も実に美しく。綺麗でした。
相変わらずこの峰の茶屋に続く坂は良い感じでした。気持ち良し。

峰の茶屋を越えて、せっかく上ったのに一気に長野原の方に下ります。

20130330_kusatsu6
(*安全を確認して撮影しています)

その草津の根元まで下りていく道は実に気持ち良く。最高でございます
(一度走ると私が何度も来ている理由が分かるかと思います)

さて草津温泉に向けて上ります。この草津温泉に長野原の方から上がる坂がなかなか憎たらしく(笑)というわけで、写真も一切撮らずに登坂完了。

まず今回のツーリングの目的の本家`ちちや`に向かいます。湯畑のすぐ近くです。

参考:本家ちちや公式サイト:http://www.honke-chichiya.com/

20130330_kusatsu7
本家ちちや

20130330_kusatsu8
天気付きの素敵な看板が。字も上手で読みやすい・・・。
白色の”2色あん”がとても素敵でした。

20130330_kusatsu10
さて、湯畑到着。スキー場は終わり、桜はまだこれからなのでオフシーズンのはずですが、逆にそれを狙ったのか?今までここまで混んでいる湯畑を見たことがありません。激混み。

20130330_kusatsu11
そういえば、草津の湯畑は何度もきているのに一度も泊まったこと、そして温泉に入ったことはなく。いつか来てみたいです。湯畑も夜はライトアップされるようですし。

20130330_kusatsu12
足湯も混んでいて順番待ち。こんなことは始めて。カップル、ご家族、友達旅行などが多く、自転車で草津を通過していくおっさんは他には皆無(笑)

そういえば、今日はローディーに全然会いませんでした。まだ軽井沢・草津は凍結や積雪があるイメージなのでしょうね。今日行って確認しましたが全域ドライです。既にどんどん峠は攻められますよ。

さて、草津を離れ、安中榛名駅に向かいます。二度上峠に回っていくのはさすがに厳しいと判断し、須賀尾峠越えで。二度上峠に比べて安易な峠かと思いましたが、それなりの峠でした(そういえば、草津側から上ったことはなかった)

20130330_kusatsu13
その途中でこんな不思議な光景が。川の色も素敵ですが、どうやら露天風呂があるようです。行ってみたいですね。

この辺りを通過中、天気が曇ってきて、霧雨が降り、気温も下がりこれ以上悪化しないことを祈りつつ先を急ぎました。

20130330_kusatsu14
安中榛名駅到着。長野新幹線あさまは1時間に約1本(安中榛名に止まるのは少ない)。到着時にちょうど行ってしまいましたので駅で1時間待ち。着替えたり、輪行バッグにいれたりするのがゆっくりできるのでちょうどよい感じではありますが。

20130330_kusatsu15
さて、今回のツーリングは、走り慣れたコースにも関わらず後半かなりバテました。冬期トレーニングも毎日さぼってきたつもりはありませんが、どうもあまり回せずヘロヘロ。もうちょっとがんばらないといけませんね。
*ブレーキパッドの取付角度が微妙なのはご愛敬で。

さて、Aeolus 7 D3ですがやはり素晴らしいホイールでして、15%を越える登坂時にも7cmとはいえ、それほど足にまとわりついてくる感じもなくシャキシャキ上っていけました。以前同等のコースを走ったBora Ultra 80とはだいぶ印象が異なります。平坦・下りでのパフォーマンスは圧倒的で実にしっかりしているので下りカーブなども安心して(当たり前だけど)曲がっていけます。漕ぎ出しから軽く実に素晴らしいホイールだなと再認識しました。このホイールは、私の体感では頭一つ飛び出しているホイール。

そろそろ渋峠、浄土平など私が好きな峠がどんどん開山します。今年も絶景が楽しみです。写真の通り、今日走った辺りはもう走れますので、躊躇していた方(笑)はどうぞ。

20130330_ippuku1
今日の稽古で温泉饅頭を早速頂きました。

カンパニョーロ80周年記念コンポ。

発表されて随分経ちましたが、カンパニョーロが80周年記念に限定コンポを発表しましたね。Campagnolo 80th ANNIVERSARY COLLECTIONという名前で。

http://anniversary.campagnolo.com/en/anniversary

基本的には、ワイヤー式のSuper RecordとBora Ultra Twoをベースに80周年記念ロゴを付けて箱入りの様ですね。

80thset
歴史も印された箱の様で、最終的な購入者国別シェアでは日本が多いと予想。セットを見る限りカーボン製のRecordボトルケージも付いているのですね。

80thergo
エルゴパワー。カーボン製ブレーキレバーの上部が3つの穴なので、やはりSuper Record相当ですね。シフトアップレバーもカーボン風のシールが貼ってある(レバー自体は樹脂)あたりも完璧にSuper Record。80周年用に改良などがあった形跡はなさそうですね。

80thfd
FD。FDのチェーンガイドが樹脂ですとChorus以下のグレードになりますが、カーボンですので、(Super) Record相当ですね。Super Recordを2.5年近く使っていますが、このFDのチェーンガイドがカーボンによって何か不具合があったことはありません。(そもそもインナーチェーンリングを使わないので、殆ど使っていないのもありますが)

80thrd
ワイヤー式のRDのデザインは秀逸だと思っています。またEPSの電動リアディレーラー”も”超かっこいいデザインなので、デザインチームのマインドは今も失われず。下のプーリーがRecordグレード以上はセラミックベアリング内臓で、赤いリングの印刷があるのですがここからは見えないですね。80周年モデルなのでその赤リングをなくしたのか、プーリーガイドで見えないだけかな?

80thbr
まさかの赤色ブレーキパッド。これだけオーダーできるのかな?
このスーレコブレーキ(とエルゴパワーの組合せ)は、他社を圧倒。秀逸。
今となってはこのブレーキ(タッチ)の為に、私はカンパをこだわって使っている様なものです。

80thwheel
80周年記念50cmディープリムカーボンホイール。ハブの瓢箪形も含めBora Ultra Twoそのままでしょうね。Bora Ultra Threeあたりがジロあたりで発表かと予想していましたが、Bora Ultra 35の様に噂が伝わってこないので今年はないかもしれませんね。随分息の長いホイールですね。他社と同様に極太の方向に進むのか楽しみです。

さて、80周年記念コンポですが、ベースとなっているスーレコを使っているからか、(値段云々を抜きにして)全く興味が沸いてきません。一つはどうも”80″の赤ロゴがイマイチかっこいいとは思えず、ちょっと微妙かなと。(既に注文済みの方はすみません・・)

とはいえ、このセットは貴重だと思います。これだけ世の中が変化している時代において技術はもちろん会社の経営も10年後というのはどうなっているかわかりません。私の会社ももちろん例外ではなく。カンパが10年後にどういう形態になっているかわかりませんが、少なくとも90周年記念コンポがでるのであれば、今回のセットとは大きく変化していると思います。今回のセットがEPSではなく、有線式なのも頷けるかなと。複数のスプロケを持ち、チェーンを無理矢理ディレイルする今の機械式の方式は、素材やスプロケット数が変わってきたとはいえ、基本的なコンセプトは変わっていません。金属のクラシックカンパも基本的には同じアプローチで変速を実現しています。しかしこれからの10年間は、EPSの電動が始まっているのもありますし、ディスクブレーキもくるでしょうし、そもそも11枚もの径の違うスプロケを同軸で持ち歩くというこの方式はちょっとセンスレスでなくなるのでは?と思います。もっと連続的なドライブトレインが出てくると思いますし。そういう意味で、個人的には今回の80周年記念コンポのベースとなった、有線式というか、機械式のスーパーレコードはこの方式において(極限までの軽量化なども含め)一つの完成系に近いのかなと。このセットを持っておけば、昔はこんな方式で変速していたんだよなぁと懐かしく思えるのではないかと思います。(思い出すだけなら、この高価なセットを保存しなくても感じられますが)。90周年、100周年に向けて、カンパはこれからも大衆向けではなく、ちゃんとレーシングコンポーネントメーカーとして先頭を走っていってもらいたいと思います。