月別アーカイブ: 2011年9月

Garmin Edge800 + UUD V4マップにアップグレード+メモリカード速度(Class)違いによる表示比較

2012/06/30追記:OSMのフリーの(オープンの)マップに移行しました。十二分に素晴らしいので。というわけで、以下のUUDのマップは私は使わなくなりました。

************************

ツーリングで山や峠に行っても道を間違えないのは、Garmin Edge800 + ルートラボのおかげです。
私が使っているのはEdge800の英語版の輸入盤であり、日本の地図が入っていません。800J(日本語版)にはさぞかし素敵なマップがインストールされていると予想されますが、私のは英語版なのでマップデータを別途購入しなければなりません。私は今までUUD社のマップデータ(Ver3.0)使っていましたが、この度Ver4.0のマップが公開されました。 とりあえずインストールしてみたので、いろいろと比較してみました。マップの比較および、MicroSDカードの読み込み速度(いわゆるスピードクラス(CLASS))の違いで、マップ表示に違いがあるかも簡単に検証しました。

参考:本ブログ:”GARMIN Edge800を導入
Garminの公式サイト:https://buy.garmin.com/shop/shop.do?pID=69043
UUD社公式サイト:http://uud.info/ja/map/

V3のマップデータが1.8GB程度に対して、V4は2.0GB強ありまして、2GBのメモリーカードでは”入りません”

◆UUDマップV3, V4の比較(Edge800によるスクリーンショット)
左がV3、右がV4

 
東京駅周辺

 
上田駅周辺

 
乗鞍

 
富士山5合目

 
渋峠

・V4になって何となくカラフルになった。
・コンビニの位置などが新しくなっただけではなく、お店情報が増えた(気がする)
・一方でコンビニの検索などは、スマホが使えるエリアはGoogle Mapが使えるわけで、細かい情報が必要じゃない方、つまり大通りの道だけ分かれば良いという人でしたら無理してV3 -> V4にアップグレードは必要ないかもしれません。

◆Map Source上での比較

Garmin Map Sourceでの比較です。左がV3, 右がV4。
クリックすると拡大するので比較してください。

どうでしょうか?200MB分データは増えていますが、アップグレードが必要かは人に寄りますね。

◆MicroSDカードのスピードクラスによってマップ表示速度の比較テスト

V4では、先述の通り2GBのMicroSDカードでは入らないので、新規メモリを購入する必要がありました。その際にスピードクラスが違うものに同マップをいれてスクロール表示速度が変わるのか比較してみました。

カード1)東芝MicroSDHC UHS-I Class10 8GB Premiugateシリーズ:http://www.toshiba.co.jp/p-media/microsd/uhs_spec_j.htm

Class 10 : 読み込み23MB/s, 書き込み 20MB/s
UHS-Iだと:読み込み40MB/s, 書き込み 20MB/s : *ただしEdge800はUHS-Iは非対応だと思われる。

HD Benchによるテスト

カード2)東芝MicroSD Class4 4GB : http://www.toshiba.co.jp/p-media/microsd/spec_j.htm

Class 4 : 読み込み4MB/s以上, 書き込み 4MB/s以上

HDBENCHで比較すると、まさに雲泥の差。さすがClass 10爆速でございます。ちなみにこれは、USB2のメモリカードリーダーでのベンチマークですので、Edge800とは関係なく、あくまでカードのスペック比較です。
* 補足。良くみるとClass4の場合、10MBの設定になっていますね・・。同等条件比較になっていませんでした(笑

◆表示比較

比較方法は雑なテストですが、表示レンジ200mにして、東京駅を中心にし1秒ごと、画面の左から右端に擦ってスクロールさせるというアナログな比較。

Clalss 10のカード

Class 4のカード

というわけで、大して変わりませんでした(笑)メモリカードは速くてもEdge800の処理速度が遅くて表示の頭打ちになっているようですね。この動画を見てそれでもClass 10の方が速いように感じた方は是非速いメモリカードを(笑)
留意)一方でEdge800内部では近傍マップを先読みしている可能性があり、表示部だけでの比較テストでは差が現れないかもしれません。その為、たとえばズームのイン・アウトなどでは差がある可能性はあります。体感ではそれも差がありませんでしたが・・。

Edge800は概ね満足していますが、やはりバッテリーが10時間程度しか持たないのが致命的ですね。ロングツーリング(+私の様に遅いライダー)だと結構厳しい容量だと思います。エネループのモバイルブースターを一緒に持って行かなければならず不便を感じています。Edge705は中国の業者が大容量電池パックみたいなものを発売していたので、Edge800にも出てくれば良いのですが・・・。ブルベの人達は10時間では話しにならないでしょうね・・。

富士山周遊+登り=失敗!→三島~御殿場~箱根~小田原~横浜~日本橋:ツーリング

さて、今日は天気予報も晴れだったので、


ルートラボ:http://yj.pn/jLLOPL

東京駅から東海道新幹線で三島駅に行き、上図のコースの様に富士山周遊+スバルラインを上る計画で出発しました。


三島駅。そういえば、東海道新幹線の輪行は去年の鈴鹿エンデューロ以来です。車両構成が空で言える長野新幹線とは違いポジショニングでドキドキ。


(iPhone4撮影)あれれ、行き止まり。なにやら台風15号で、閉鎖しているとのこと。場所、道の駅すばしりから山中湖へ抜ける国道138号(箱根裏街道)。
話を聞くと今日から10日間は通行できないとのこと。お隣に平行して走っている東富士五湖道路は通過できますが、この道はチャリが通過できません。
こまりました。これでは目的の富士スバルラインにたどり着けません。しかも雨降っているじゃん!天気予報は晴れだったはずで、この時点で調べても曇りで降水確率0%。

追記:情弱で知らなかったのですが、ここからあざみラインに登れるのですね。この峠が閉鎖だったので同じくNGだった可能性がありますが、ちゃんと知っていればあざみラインの登っておけば良かったです。


東京アメッシュを見ても、御殿場付近・すばしり辺りは降っていません。
下のスライダーバーで再生してみて分かりました。東京アメッシュのレーダーは、この御殿場付近を取得できていません。
レーダー包囲網の隙間であることが現地でわかりました。


Garminを見ると三島を出てまだ33km。ここで三島に引き返しても良かったのですがここから東京まで120kmでなかなかちょうど良い距離だったので自走で帰ることにしました。
まずは、138号を通って箱根を登ります。


結果的に走ったコース。

距離157kmでした。
獲得標高1572m・・・・・(残念・・・)

御殿場から登る箱根は、まったく峠とは呼べず・・・。天下の険ではありませんでした。


箱根はほんの少し紅葉がはじまっていたような。


今日は前半からフレームのどこからからキリキリ音が・・・。帰宅後チェックが必要です。
(ユーザーさんには申し訳ないですが)DuraAceのブレーキでしたので下りが辛すぎて、指が痛くて攣りそうでした。
ここまでブレーキ性能に差があると、シマノは変速性能が良いからというのがプラスマイナスで0になってしまいます(笑

*あれれ??よく見てみると前タイヤのクイックが反対だ(笑)つまり逆回しに使っていたのかな・・・。輪行組立時に勘違いしたのかも・・・。

箱根を越えてからは、小田原から国道1号にそって淡々とすすみます。
あ、途中で、エンゾ早川氏を見かけました(笑)声はかけなかったけど。


日本橋到着。

iPhone4 + Instagram2でもお遊び撮影+フィルタ。


instagramは、運営会社がベンチャーで素敵な社風の様ですね。私はエフェクト(フィルタ)を滅多に使いませんが、今回は特別に。

富士山はまた機会があれば挑戦してみたいと思います。