カテゴリー別アーカイブ: Canyon

フィリップ・ジルベールBMC SLR01 (2012)専用カラー。

昨年、オメガファーマ・ロットで活躍しまくったフィリップジルベールですが、今年は、BMCレーシングに移籍しました。その為、バイクもCanyonからBMCに変更なのですが、Impecに乗るかな?と思っていたところSLR01 (2012)モデルに乗るようです。同じSLR01ユーザーとしてはうれしい限り。しかもベルギー国旗カラーの専用マシンが用意されたようです。かっこよすぎます。


(Easton Cyclingより引用)

SRMの7800系クランクですね。チェーンステーにP.Gillbertの文字が。Eastonの前後リムハイトが違うホイールですね。Aeroad CFは、Ultimate CF SLXよりも柔らかめであることはいろいろな人の意見から分かっています。私個人的な感覚で、Ultimate CF SXLよりもSLR01の方が柔らかいので、ジルベールとしてはガチガチのフレームよりは好みなのかもしれませんね。SLR01で今年どれだけ勝ちまくるか楽しみです。まずは春のクラシックで何勝かするのでしょうか?

そういえば、ロシアのチーム”Katusha”が、Focusに変わってCanyonがチーム供給になりましたね。Aeroad CFはチームカラーが既に販売開始されています。このカラーも相当格好良いです。もうShimanoコンポのチーム車はほぼ100% Di2ですね。

 

木更津駅→かずさアカデミア→鹿野山→マザー牧場→南房総→館山→引き返し→木更津駅

今回は、南房総へツーリング。

木更津駅→かずさアカデミア→鹿野山の上り→マザー牧場→南房総→館山→違うラインを引き返し→411のトンネルのある上り→かずさアカデミア→木更津駅

距離:136km
獲得標高:1855m

ルートラビ:http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=1b871fdda168ec6b17a18ba46d29335b


 


先日のブログでも同じコースを走りましたが、このかずさアカデミアパークまわりは非常に走りやすいのでオススメです。
ハマコーが東京湾アクアラインとともに持ってきた(やっちまった)プロジェクトの様ですね。


こんな感じで車も殆ど通らず、ひたすら走れます。


オススメは、かずさアカデミアを下りて、しばらく行ってからの鹿野山。この写真の場所から上りはじめなのですが、とても良い”上り坂”です。
上り終わるとマザー牧場があります。

写真の場所は:http://g.co/maps/zzs2f


こんな感じの道を7キロくらい登れます。とても良い坂です。斜度は平均5%弱かな。


マザー牧場到着。雲一つ無い良い天気でした。


マザー牧場はお子様いらっしゃる方には良さげですよ!私は入ったことないですが、綺麗なところです。


こんな感じでずっと道が続いています。本当に南房総は走りやすいです。


先日、碓氷峠直前でスポークが折れた(飛んだ)Hyperon2 (Cli)が無事直って戻ってきました。
一昨日Bora2で奥多摩を走ってきましたが、それと比較しても、Hyperon2のオールラウンドでの使いやすさ、気持ちよい柔らかさ、安定感は素晴らしいの一言。トマがマイヨジョーヌを来て山岳ステージに使っていたのも印象的でした。

参考:http://www.steephill.tv/2011/tour-de-france/photos/stage-18/

ケーブルアウターを白に変更しました。とはいえ、やはり地味ですね・・。


木更津駅到着。

今回は天気も良く気持ち良いツーリングになりました。
南房総は上記のコースでなくとも、テキトーに道を選んでもとても走りやすく気持ち良いと思います。
本格的な峠はありませんが、適度のアップダウンが繰り返されるので、ほどよく走れば獲得標高もそれなりに溜まります。

今回は気温も暖かかったのですごく調子が良かったです。やはり奥多摩の絶不調は寒さもあったかもしれません。
これからの冬シーズンは峠ではなく、南房総あたりがちょうど良いかもしれませんね。